So-net無料ブログ作成
検索選択
★楽天市場 特集★

今年の広島カープと横浜ベイスターズの心意気は熱い! [スポーツ]

今年のセリーグのペナントレースが皮肉なものとなっている。

昨年、25年ぶりのリーグ優勝をした広島カープだが、その勢いは今年も変わらない。

一方、大きく差は付けられてはいるが、3位の横浜ベイスターズはその広島に対戦成績がほぼ5分であり、投打のバランスは2位の阪神タイガースと比較すると安定しており、2位との差もわずかである。

そしてこの広島カープと横浜ベースターズの躍進の何が面白いか?


ずばり!


セパ合わせた12球団の選手年棒の件だ。

12球団のうち、選手年棒が一番低いのが横浜ベイスターズであり、2番目に低いのが広島カープであること。

資金が潤沢な選手年棒12球団ナンバー1のソフトバンクホークスのパリーグでの首位争いは、なんとも面白くもなんともないが、楽天の頑張りを応援したい。

とはいえ、選手年棒12球団ビリとビリから2番目のチームが優勝争いを行うという事自体、素晴らしい!

力のある大物選手をFA等で引き抜くわけでもなく、しっかりと育成して若手を育て上げてきたこの両チームのファンにはたまらないだろう。

お金で買えない総力を見事にやり遂げている。

球団、球団関係者、現場の1軍2軍合わせた監督、コーチなどの首脳陣、そして各々の選手達。そしてそれを支えるファン。

この2チームの試合のホームでの入場客数は両チームとも、ほぼ毎試合満員御礼である。

この2チームの熾烈な争いをこれからも応援したい!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0